ボディメイク

発芽玄米・ロウカット玄米・胚芽米・分づき米・・・何が違う?玄米には様々な種類がある?ダイエット向きは○○玄米!

あなた

発芽玄米とかロウカット玄米って何?

あなた

ダイエットに取り入れるならどれがいいの?

「ダイエットに玄米を取り入れようと、お店で棚を見てみたら、いろんな種類があって戸惑ってしまった」

そんなあなたに、以下を解説します。

この記事でわかること
  • 玄米の種類と違い
  • ダイエット向きな玄米・理由
すーたろ

せっかくなら効果の高いものを取り入れたいよね!

筆者は、玄米を使ったマクロビオティックの食事療法「七号食」を取り入れながら、大幅な減量に成功しました。

その後も、玄米を主食にすることで、リバウンドせずに維持しています。

「そもそも玄米って何?」「白米と何が違う?」という方は、先に「ダイエットには白米より玄米が向いている理由とは?玄米ごはんの減量効果ってどの位?【ビフォーアフター写真入り】」をご覧ください。

玄米のチカラに、大きくカラダを変えてもらった私が、声を大にしていいます。

すーたろ

ダイエットに玄米を取り入れるなら「発芽玄米」がオススメ!

なぜか。そもそも、発芽玄米とは何か。それも、この記事を読めばわかります。

後半、オトクな情報もこっそりお伝えするので、お楽しみに。

ぜひ、最後までおつきあいください。

【読了目安時間:4分】




発芽玄米・ロウカット玄米・胚芽米・分付米・・・何が違う?玄米のさまざまな種類とは?

まず「玄米の種類」を解説しますね。

玄米には、精米する時に取り除く部分や、取り除く量にといった「加工の度合い」よって、様々な種類があります。

種類状態
玄米「ぬか」「胚芽」があるお米
発芽玄米「胚芽」を発芽させた玄米
ロウカット玄米「ぬか」の一番外側の「ロウ」だけそぎ取った玄米
胚芽米「ぬか」を取り「胚芽」だけを残した米
分づき米「ぬか」「胚芽」を少し残して精米した米
玄米の断面イメージ

それぞれ、栄養価や食感にも違いがあります。

何を目的とした加工で、どんな良さがあるのか、みてみましょう。

玄米

田んぼで採れたお米の粒から、一番外側の「もみがら」だけを取った、もっとも加工の少ない状態が「玄米」です。

玄米の断面イメージ

【よい点】

  • 白米より断然栄養価が高い

【イマイチな点】

  • 食感が硬い
  • ぬかの風味が強い
  • 消化に悪い
  • 浸水に時間がかかる
    (最低5時間)
  • 炊飯にも時間がかかる

栄養がギュッとつまった「ぬか」「胚芽」が残っているため、栄養が豊富です。

一方、「ぬか」「胚芽」は、食べやすくするために「精米」で取り除かれる部位です。

つまり、「もっとも食べづらいお米」とも言えます。

すーたろ

これをベースに、他の種類を説明していくよ!

発芽玄米

「発芽玄米」は、わずかに胚芽を発芽させた玄米です。

「ぬか」「胚芽」ともに残っています。

32度前後の水に1~2日浸水させて、発芽させる。家庭での自作も可能

市販品は発芽させた後、流通のため乾燥させているため、カサカサした見た目です。

すーたろ

発芽といっても、見た目には、ほんのちょっぴりだよ!

【よい点】

  • 玄米よりも栄養価が高い
  • 玄米よりも食感がやわらか
  • 玄米ほど匂わず旨味がある
  • 玄米より消化にいい
  • 浸水・炊飯時間が白米同等
  • 市販品は無洗米で手間なし
  • 家でも作れる

【イマイチな点】

  • 発芽に時間がかかる
    (自分で発芽させる場合)
  • 発芽させすぎにも注意

食感がやわらかくなるのは、玄米を覆っている「ぬか層」が、発芽でやわらかくなるためです。

旨味が増すのは、発芽で酵素が活性化、糖質が分解されて甘みが出たり、たんぱく質がアミノ酸にかわるためです。

すーたろ

なにより!栄養価がアップするのが一番のよさだよ

ぱる

どんな栄養素が増えるの?

すーたろ

GABA(ギャバ)が数倍に増えるよ

GABA

ストレスを和らげ、興奮した神経を落ち着かせ、リラックスさせる作用がある

炊きあがりはこんな感じです。

発芽玄米は、玄米よりも栄養が豊富で、取扱いは白米と変わらず、やわらかくておいしい、と三拍子そろっています!

ぱる

いいとこどりな玄米だね!

自分で発芽させることもできますが、水が傷まないように交換したりと手間がかかります。

発芽させすぎると栄養価が下がるので、注意も必要ですよ。

発芽させたものが売られていますから、試すには手間なしでオススメです。

すーたろ

たいてい無洗米だから、研ぐ手間もいらないんだよ

ちなみに筆者が数社の商品を食べ比べてみて、一番、食感や味がよく食べやすいと感じている発芽玄米は、「ファンケルの発芽米」です。

ロウカット玄米

「ロウカット玄米」は、玄米の一番外側にある「ロウ層」を削ることで、硬さを解消した玄米です。

「ぬか」「胚芽」ともに残しているので、栄養価は玄米と変わりません。

ぱる

「ローカロリー」の「ロー(少ない・低い)」じゃないんだ?

すーたろ

でも、白米に比べてカロリーや糖質も32%オフみたいだよ

以下、パッケージです。

「ロウカット玄米」は、東洋ライスの登録商標

通常の玄米は、糖質・カロリーともに、白米とほぼ変わりません。

ローカロリーなのは、ロウカット玄米の強みですね。

【よい点】

  • 玄米同等の栄養価
  • 白米並みにやわらかい
  • 玄米ほど匂わず旨味がある
  • 無洗米で手間なし
  • 浸水・炊飯時間が白米と同程度
  • 消化にいい
  • 白米よりカロリーオフ

【イマイチな点】

  • 特になし

2時間ほど浸水して炊いて食べてみました。

白米と遜色なし!非常にやわらかくて、玄米のように匂わず、甘みもしっかり感じました。

すーたろ

お子さんや年配の方でも、消化の心配なく食べられそう!

ぱる

しかもカロリーオフはうれしいよね

ロウカット玄米は、栄養価が玄米と変わらないのに、カロリーオフで、味よし・消化よし、取扱いも白米同様、と、優秀で魅力的な玄米です。

胚芽米

「胚芽米」は、玄米から「ぬか層」を削って精米することで、胚芽の栄養を残しつつ、硬さを解消したお米です。

家庭用精米機でも作れます。

特に、胚芽が8割以上残るように精米したものを「胚芽精米」と呼ぶ

すーたろ

「ぬか」がないことで、「玄(くろ)い米」でもないし、もう白米に近いよ

【よい点】

  • 白米より栄養価が高い
  • 食感や味が白米に近い
  • 浸水・炊飯時間も白米と同じ
  • 消化にいい
  • 家でも作れる

【イマイチな点】

  • 「ぬか」の栄養がとれない
  • 流通量が少ない

ビタミンB1、ビタミンB6、ナイアシンといった栄養素が白米の4倍含まれています。

「胚芽米」は、食感や消化の良さは白米と変わらないのに、白米より栄養価が高い点で優れています。

分づき米

「分づき米」は、栄養豊富な「ぬか」「胚芽」が、少し残るよう精米したお米です。

上の図の茶色い部分は、お米を覆っている「ぬか」だと思ってください。

残す「ぬか」の割合で呼び方が変わる

  • 三分づき(さんぶづき)
    ぬか30%除去・胚芽あり
  • 五分づき(ごぶづき)
    ぬか50%除去・胚芽ほぼ有
  • 七分づき(しちぶづき)
    ぬか70%除去・胚芽やや有
すーたろ

「づき」は、お米を『つく』から来ていて、精米のことだよ

【よい点】

  • 白米より栄養価が高い
  • 食感や味が白米に近い
  • 浸水・炊飯時間が玄米より短い
  • 玄米よりは消化にいい
  • 家でも作れる

【イマイチな点】

  • 玄米よりは栄養が少ない
  • つき具合で硬さ・匂いが残る
  • 洗米に注意
    (胚芽が落ちないように)

玄米のよさを残しつつ、食べやすさも求めた、古くからある食べ方です。

すーたろ

胚芽米や分づき米は、家庭用精米機で作れるよ

アイリスオーヤマの精米機は、価格が1万円ちょっととお手頃で人気ですよ。

玄米が手に入るなら、自分で調整して作って食べるのもアリですね。

ぱる

どんな特徴があるかは、ひと通りはわかったんだけど・・・

すーたろ

ふふ!ちょっと整理しようね




発芽玄米・胚芽玄米・ロウカット玄米・分付米・・・ダイエット向きなのは「発芽玄米」

すーたろ

まとめると、こうなるよ

栄養豊富な「ぬか」「胚芽」の有無

玄米発芽
玄米
ロウカット
玄米
胚芽米分づき
白米
ぬか
胚芽

●あり ▲一部あり ✕なし ※発芽している

  • 栄養価の高い「ぬか」「胚芽」があるのは 玄米・発芽玄米
  • もっとも高栄養価なのは、発芽玄米

特徴の比較

玄米発芽
玄米
ロウカット
玄米
胚芽米分づき
白米
栄養
食感
味・
香り
浸水
時間
炊く
時間

「栄養価」以外は白米を基準に比較し評価

  • もっとも食べにくいのは 玄米
  • もっとも食べやすいが、もっとも栄養が少ないのが 白米
  • 栄養価をと食べやすさを求めた結果、さまざまな種類がうまれた

栄養価の比較

価格の比較

種類1kgあたり(円)
玄米400~
発芽玄米750~
ロウカット玄米490~
胚芽米500~
分づき米450~
白米450~

近隣のスーパーの売価から算出しためやす(筆者調べ)

  • もっとも安いのが 玄米
  • もっとも高いのが 発芽玄米(発芽・乾燥に手がかかっているため)
ぱる

で、ダイエットに一番オススメなのは?

「栄養価」「食べやすさ」「扱いやすさ」で総合評価するなら、ロウカット玄米が一番よさそうですよね。

でも、「ダイエットにオススメ」という点では、筆者はあえて「発芽玄米」をオススメします!

ダイエットに発芽玄米がいい理由
  • 栄養価がもっとも高い
  • ほどよく硬い
ぱる

「栄養価がもっとも高い」はともかく

すーたろ

「硬い」が理由なのは、意外?

硬いと、よく噛(か)みますよね。

「よく噛む」ことが、ダイエットには非常にいい効果をもたらすんです!

噛むことはなぜダイエットにいい?
  • 少しの食事でも満腹に感じる
  • 内臓脂肪の分解を促す
  • 唾液がよく出て消化を助ける

よく噛むことは、食べ過ぎを防ぎます。

また消化を助け、エネルギーを「消化」にではなく「代謝(脂肪を燃やす)」ことに使えるんです。

すーたろ

だから、やわらかいのは食べやすいけど、ちょっともったいない

他の種類のお米よりも少し高価ですが、怪しげなダイエットサプリなんかにお金を使うより、よほど安全で効果的ですよ。

すーたろ

玄米を買って自分で発芽させることもできるしね

「発芽玄米」を推す理由

玄米ほど硬くないのに、ロウカット玄米や胚芽米よりも歯ごたえがあり、しかも、もっとも栄養価が高いから

ぱる

わかった!さっそく発芽玄米、試してみる~♪

ここまで読んでくださったお礼といってはなんですが・・・

「発芽玄米、試してみたい!」と思ったあなたに、冒頭のお約束どおり、オトクな情報をこっそりお伝えしますね。

ファンケルの発芽米(発芽玄米)は、公式ホームページの通販なら、1kg+500gの限定セット1200円相当が、なんと税込 780円!

かなりオトクに購入できます(1人1回限り)

【ファンケル】通販限定!発芽米お試しセット780円!500g増量中!

近所のドラッグストアでは、750gが税込700円でした。

1kg換算で933円なので、1.5kg780円は、かなりオトクですよね。

参考までに、楽天やAmazonの価格は、以下のとおりです。

筆者が食べ比べて、一番食べやすくておいしかった、ファンケルの「発芽米」、あなたもお値うちに試してみませんか?

すーたろ

チェックしてみてね!

【ファンケル】通販限定!発芽米お試しセット780円!500g増量中!

玄米のチカラを借りてダイエットを成功させよう!

この記事では、以下をご紹介してきました。

この記事で説明したこと

玄米の種類と違い

  • 玄米
  • 発芽玄米
  • ロウカット玄米
  • 胚芽米
  • 分づき米

栄養価・食べやすさ・扱いやすさの総合評価では「ロウカット玄米」

ダイエット向きなのは、より栄養価が高くて歯ごたえがある「発芽玄米」

あなた

試してみたいけど・・・炊いたことないしなぁ

すーたろ

レトルトパックはどお?

ぱる

それなら気軽に試せるね♪

「ちょっと玄米を試してみたい!」と思った方は、ぜひ「玄米初心者におすすめ!まずはお試し!玄米が上手に始められるレトルトパック4選」を続けて読んでみてください。

玄米初心者におすすめ!玄米が上手に始められるレトルトパック4選!まずは試してみよう
玄米初心者におすすめ!まずはお試し!玄米が上手に始められるレトルトパック4選 あなた 玄米、食べたことなくてハードル高いよ あなた 食べてみたいけど、どれがいいの? 玄米が「カラダにいい」...
すーたろ

実はね、炊き方によっても「酵素玄米」なんて種類があるよ

ぱる

え!?何それ??

おいしい玄米の炊き方や、「酵素玄米」の作り方も、別の記事で近日ご紹介予定です!

最後までおつきあいくださり、ありがとうございました。